Category: AdWords・ネット広告


その1に引き続き

AdWordsの広告費を抑えて効果を高める方法2

です。

その1では「品質スコア」を広告内容改善によって上げる話をしました。

ここからは広告のリンク先ページを管理するスキルが必要になってきますので、web担当者や管理会社に頼んだほうがいいかと思います。

リンク先ページの品質を改善する

AdWordsでは広告のリンク先ページがユーザーにとってどの程度有用かを評価しています。

リンク先ページの有用度を高めるには、コンテンツの関連性と独創性、情報の透明性、操作性が重要になります。
それぞれの項目を以下の質問に照らし合わせてみましょう。

関連性と独創性の高いコンテンツ

  • サイトの目的は明確ですか?
  • ユーザーにとって実際に役立つサイトになっていますか?
  • 他のサイトにはないメリットは何ですか?

情報の透明性

  • ビジネス情報や連絡先は見つけやすい位置に表示されていますか?
  • どのような情報を収集しているか、ユーザーに明確に伝えていますか?
  • サイトでなんらかの操作を行うとどのような結果になるか、ユーザーにとってわかりやすい状態になっていますか?

操作性

  • ユーザーが必要な情報をすぐに見つけられるようになっていますか?
  • リンクが多すぎるなど、ユーザーを混乱させるような構成になっていませんか?
  • ユーザーの疑問点への回答や詳細情報への案内はわかりやすく示されていますか?

上記各質問に答える形で改善していきましょう。

リンク先ページの利便性の評価

品質スコアとは異なり、リンク先ページの利便性は数値では評価されず、「平均より上」、「平均的」、「平均より下」のいずれかのステータスで表示されます。

このステータスを確認するには、[キーワード] タブで、目的のキーワードの横にあるバルーンにカーソルを合わせます。

  • 平均より上平均的: これらのステータスが表示される場合、リンク先ページの利便性に問題はなく、品質スコアに悪影響を及ぼすことはありません。
  • 平均より下: このステータスが表示される場合は、リンク先ページの利便性を改善する必要があり、品質スコアに悪影響が出ている可能性があります。この場合は、ユーザーの求める情報が簡単に見つかるよう工夫するなど、ウェブサイトのリンク先ページを改善することをおすすめします。

AdWords システムはリンク先ページに定期的にアクセスして評価しています。リンク先ページの利便性を改善する大幅な変更を行えば、やがて品質スコアも向上します。最初の数日間で変化が見られなくても、数か月後に結果が表れることもあります。

それでは、上記の改善を行なってより良いコンテンツ作成を行なってください。

 広告ランク

AdWordsは広告を掲載するためにオークション制を採っています。つまりキーワード「渋谷 カフェ」で表示したい出稿主が多数いた場合、他の誰かと競わないと表示されません。

ここで大切なのが、単純な金額によるオークションではなくGoogleが独自に採用している「広告ランク」という指標によって表示順位が決まるということです。

「広告ランク」とは何か?どのような指標なのか?

簡単に式にすると
「広告ランク」=「品質スコア」+「上限クリック単価」
となります。

「上限クリック単価」は設定金額が多いほど広告ランクが上がりますが、お客様の予算に頼ることになるため変更することが難しい部分ですし、できれば低く抑えたい部分です。

一方で「品質スコア」とは個々の広告とキーワードに割り当てられる10 段階(最低 1 〜 最高 10)の指数で、改善作業によって評価を上げることができます。

品質スコアは管理画面で確認できます
QS_20110530-220301

そして、品質スコアは次のような要素を考慮して算出されています。

検索ネットワークでの品質スコア評価要因
  • キーワードの過去のクリック率
  • 広告グループ内のキーワードと広告の関連性
  • 広告の過去のクリック率
  • リンク先ページの品質
  • その他の関連性に関する要因
ディスプレイネットワーク(自動プレースメント)での品質スコア評価要因
  • 広告が掲載されるサイトや同様のサイトでの過去の広告の掲載結果
  • 広告グループ内の広告およびキーワードとサイトとの関連性
  • リンク先ページの品質
  • その他の関連性に関する要素

それでは品質スコアを改善する方法です。

検索ネットワークの場合
品質スコアをすぐに改善しやすいのは以下の3つです。

1. 広告グループ内のキーワードと広告テキストの関連性改善

登録キーワードと広告テキストとの関連性を高めることで、品質スコアが改善される可能性があります。
QS_20120326-231800

2. 広告グループ内のキーワードのクリック率改善

過去に広告が表示されたときにユーザーがどのようなキーワードで検索したのか(検索クエリ)は、管理画面から見ることができます。
このデータをもとに、クリック率の高いキーワードを追加し、クリック率の低いキーワードを除外することで、広告グループ全体のクリック率を高めることが期待できます。

3. 広告グループ内の広告テキストのクリック率改善

広告グループ内で同時に複数の広告テキストを試し、クリック率の高い広告テキストのみを残す、という運用は、広告グループのクリック率を高めるうえで効果的です。
QS_20120326-232445

以上が簡単な改善方法です。

次回はその他の改善方法を紹介していきます。

>AdWordsの広告費を抑えて効果を高める方法2

AdWordsの手動プレースメンを使用すると、あなたが好きなサイトに広告を掲載することができるかも?

グーグルアドワーズは、いつも見ているお気に入りサイトや、広告効果がありそうなサイトを指定して広告を出すことができます。

広告戦術としても、関連性があり、アクセス数の多いサイトを選んで、広告出稿できるのが大きな魅力です。

効率よく広告出稿ができ、表示サイトに関連性のある見込み顧客に広告を伝えられます。

ディスプレイ広告(画像広告)のため画像制作費がかかってしまいますが、ディスプレイ広告自体のクリック率・コンバージョン率が高く効果的です。

*注意点は広告を掲載したいサイトがAdsenseのディスプレイ広告を利用していることが条件で、通常のAdWords 広告と同様、広告スペースにはオークション形式です。そのため、人気のある有名なサイトを選択した場合、その広告スペースに広告を掲載するにはより高い金額を設定する必要があります。

ネット広告AdWordsに興味があっても費用が気になると思いますので、実際に運用しているかたの広告出稿費用をご紹介いたします。

東京の雑貨小売店 月40万円+管理費月8万円
新規顧客数大幅増加

東北温泉街の老舗旅館 月3~5万円+管理費月5万円
インターネット予約客の開拓

京都の造園業者 月5万円+管理費月5万円
工務店や設計事務所向けのBtoBサービスを開拓
売り上げ 5 倍に達しています。

東北の電子部品製造 月15万円+管理費月5万円
営業マンの代わりに顧客開拓

広島の硝子製造 月15万円+管理費月5万円
ガラス彫刻などの通信販売で問い合わせ増加

神奈川のウクレレスタジオ
マーケティング予算の約 60%を使用
ニッチマーケットのため遠方からの顧客獲得にも成功

参考になりましたでしょうか?
わからないことが有りましたらお問い合わせください

NKJ56_kanagawamap

インターネットというと全世界に向けて発信するイメージですが、グーグルアドワーズ広告では表示させる地域を指定することができ、地域に根ざした学習塾や、修理サービス、など特定の地域以外でサービスを行うことが難しい事業でもアドワーズを使うことができます。

これによって、見込み顧客がいる地域で集中的に広告を掲載すれば、投資収益率(ROI)を高めることができます。

設定方法は都道府県、市区町村、地図で中心地を指定してそこからの距離など細かく設定出来ます。

このように事業のサポート地域によって柔軟な広告配信ができますので、幅広いかたにご利用いただけます。

今日はgoogleアドワーズ検索連動型広告についてです。

Google アドワーズの掲載箇所は2種類あります。

1つは「検索連動型広告」、もう1つは「コンテンツ連動広告」です。

まず「検索連動型広告」とは?

ターゲットユーザが検索するキーワードに連動して広告を掲載します。
・広告は検索結果画面の上部と右端に現れます。

adwords_002

そして「コンテンツ連動広告」

ターゲットユーザが閲覧するサイトに広告を掲載します。
・広告はサイト運営者の任意の場所に表示されます。
adwords_003

それでは検索連動型広告について

検索連動型広告は、検索されたキーワードに関連するテキスト広告をグーグル検索結果画面に表示することができます。
また広告メッセージに直結するキーワードを設定することで商品やサービスを手軽に宣伝できます。
広告は図の赤線で囲んだところに表示されます。
adwords_004

掲載順位の仕組み

簡単に言ってしまえば、広告を設定した後は以下の式によって掲載場所が決まります。
[ページでの掲載順位=上限クリック単価x品質スコア]
この式の中の「品質スコア」は、Googleでのキーワードのクリック率(CTR)、広告テキストの関連性、キーワードの過去の掲載結果、リンク先ページの品質、その他の関連性に関する要因に基づいて決定されます。

いかがでしょうか?
AdWords自体はとても簡単です。どなたでも広告を出すことができます。
しかし、品質スコアなど専門的な知識がないとなかなか最適化が難しい箇所も出てきます。
もし難しいと感じたら是非このリンクよりお問い合わせください。

AdWordsとは何でしょう?

簡単にいえば、Google アドワーズとは、ユーザーの購買行動や興味・関心に応じて広告を配信できる、広告プラットフォームです。

AdWordsのメリット

インターネットユーザの77%に届く広告ネットワーク
Google アドワーズは Google の検索結果ページ以外にも、
You Tubeや大手ポータルサイト、専門サイトなどの幅広い
ネットワーク上に掲載されます。
効果に見合ったコスト管理が可能(表示だけなら無料)
企業や事業規模に合わせて自由に予算設定が可能です。ご利用料金はクリック単価になっており、表示されるだけでは料金は発生しません。そのため、費用効果の高い広告を出す事ができます。
表示回数など詳細な効果測定が可能
広告が何回表示され、何人のユーザが自社サイトを訪れたのか等の広告効果を管理画面上で簡単に確認することが出来ます。投資対効果や広告キャンペーンの改善点が一目瞭然なので、より効果的なマーケティング活動を行う事が可能です。

では、実際にどのくらいの人々に広告できる可能性があると思われますか?

Google 検索の日本における月間利用者数 *

5,900万人
出典:comScore 社 qSearch より 月間検索利用ユニークユーザー推移
(YouTube の検索利用者数を含む)

これほど多くのユーザーにアプローチできる可能性があるメディアはなかなかありません。また、現在も更に増え続けています。

  • 伸び続ける Google 利用者数
    Google 検索の日本での利用者数は現在急速に伸びており、2009年12月現在5,900万人が Google の検索を利用*していると報じられています。
  • 5,900 万人の Google 利用者に広告を配信
    アドワーズを利用すれば、5,900万人のGoogle 利用者の中で、各広告主の商品・サービスについて調べている人に絞りこんで広告を配信することが可能。ほぼすべての業種において利用できます。
  • 誰でも広告配信可能
    Google アドワーズの広告掲載ポリシーさえ満たせば、誰でも簡単に広告を掲載することができます。

 

いかがでしょうか?もしAdWords広告をお考えでしたら是非お問い合わせください。

Contact

6-17-35-1-103, Joto, Oyama-shi, Tochigi, 323-0807, Japan

Name
Email
Message

ありがとうございます メッセージは送信されました。
Error! 申し訳ございません送信に失敗しました。再度お試しください。
© Copyright HAL23WORKS