Our Blog

ネット広告AdWordsに興味があっても費用が気になると思いますので、実際に運用しているかたの広告出稿費用をご紹介いたします。

東京の雑貨小売店 月40万円+管理費月8万円
新規顧客数大幅増加

東北温泉街の老舗旅館 月3~5万円+管理費月5万円
インターネット予約客の開拓

京都の造園業者 月5万円+管理費月5万円
工務店や設計事務所向けのBtoBサービスを開拓
売り上げ 5 倍に達しています。

東北の電子部品製造 月15万円+管理費月5万円
営業マンの代わりに顧客開拓

広島の硝子製造 月15万円+管理費月5万円
ガラス彫刻などの通信販売で問い合わせ増加

神奈川のウクレレスタジオ
マーケティング予算の約 60%を使用
ニッチマーケットのため遠方からの顧客獲得にも成功

参考になりましたでしょうか?
わからないことが有りましたらお問い合わせください

NKJ56_kanagawamap

インターネットというと全世界に向けて発信するイメージですが、グーグルアドワーズ広告では表示させる地域を指定することができ、地域に根ざした学習塾や、修理サービス、など特定の地域以外でサービスを行うことが難しい事業でもアドワーズを使うことができます。

これによって、見込み顧客がいる地域で集中的に広告を掲載すれば、投資収益率(ROI)を高めることができます。

設定方法は都道府県、市区町村、地図で中心地を指定してそこからの距離など細かく設定出来ます。

このように事業のサポート地域によって柔軟な広告配信ができますので、幅広いかたにご利用いただけます。

PAKS85_oyogupenginsan

本日ペンギンアップデートがありました。5/23現在それほど影響を受けているサイトはないようですが、今後のgoogle検索エンジン変更内容としては以下の様なものがありります。

・アドバトリアル(記事広告)
有料で他のサイトにリンクを埋め込み、被リンク数を増やす手法です。
これはgoogleのガイドライン違反ですので、もともとダメなのですが、今後強い姿勢で取り締まるようです。
正当な広告出稿はリンクにnofollowが使われているかチェックする必要がありそうです。

・スパムの多い検索クエリを対処
サラ金やギャンブルなど、スパムの多いクエリに対処して行くそうです。

・高度なスパマー対策、新しいリンク分析
リンク価値を適正化し、リンクスパムに対抗する新しい検出技術を数ヶ月内に導入予定。

・ハッキングされたサイト
ハッキングサイト検出システムを数ヶ月内に導入予定。

・オーソリティーサイトの優遇
特定分野で権威のあるサイトの順位が上がる

・パンダアップデートの判定の改善される予定

・1ドメインあたりのページの検索結果制限
グーグルは多彩なサイトが表示されることを目標としていて、そのため1ページ目に同一ドメインのサイトが表示されなにくいように制限し、検索結果ページで同じドメインのサイトをひとまとめに表示し、それ以降の検索結果には同ドメインのサイトが表示されにくくなる予定のようです。

このように頻繁な仕様変更に、これまで単発で対策を発注依頼していたかたは、考えを変えるべきです。
その都度に発注していたのでは急な対応は難しく、費用対効果も低いものとなります。

私達のサイト管理サービスは年間契約のみとなっています。それは常にサイトを万全な状態で管理するために長い目で見なければならないからです。
ご興味のある方は是非お問い合わせください
お問い合わせはこちら

今日はgoogleアドワーズ検索連動型広告についてです。

Google アドワーズの掲載箇所は2種類あります。

1つは「検索連動型広告」、もう1つは「コンテンツ連動広告」です。

まず「検索連動型広告」とは?

ターゲットユーザが検索するキーワードに連動して広告を掲載します。
・広告は検索結果画面の上部と右端に現れます。

adwords_002

そして「コンテンツ連動広告」

ターゲットユーザが閲覧するサイトに広告を掲載します。
・広告はサイト運営者の任意の場所に表示されます。
adwords_003

それでは検索連動型広告について

検索連動型広告は、検索されたキーワードに関連するテキスト広告をグーグル検索結果画面に表示することができます。
また広告メッセージに直結するキーワードを設定することで商品やサービスを手軽に宣伝できます。
広告は図の赤線で囲んだところに表示されます。
adwords_004

掲載順位の仕組み

簡単に言ってしまえば、広告を設定した後は以下の式によって掲載場所が決まります。
[ページでの掲載順位=上限クリック単価x品質スコア]
この式の中の「品質スコア」は、Googleでのキーワードのクリック率(CTR)、広告テキストの関連性、キーワードの過去の掲載結果、リンク先ページの品質、その他の関連性に関する要因に基づいて決定されます。

いかがでしょうか?
AdWords自体はとても簡単です。どなたでも広告を出すことができます。
しかし、品質スコアなど専門的な知識がないとなかなか最適化が難しい箇所も出てきます。
もし難しいと感じたら是非このリンクよりお問い合わせください。

AdWordsとは何でしょう?

簡単にいえば、Google アドワーズとは、ユーザーの購買行動や興味・関心に応じて広告を配信できる、広告プラットフォームです。

AdWordsのメリット

インターネットユーザの77%に届く広告ネットワーク
Google アドワーズは Google の検索結果ページ以外にも、
You Tubeや大手ポータルサイト、専門サイトなどの幅広い
ネットワーク上に掲載されます。
効果に見合ったコスト管理が可能(表示だけなら無料)
企業や事業規模に合わせて自由に予算設定が可能です。ご利用料金はクリック単価になっており、表示されるだけでは料金は発生しません。そのため、費用効果の高い広告を出す事ができます。
表示回数など詳細な効果測定が可能
広告が何回表示され、何人のユーザが自社サイトを訪れたのか等の広告効果を管理画面上で簡単に確認することが出来ます。投資対効果や広告キャンペーンの改善点が一目瞭然なので、より効果的なマーケティング活動を行う事が可能です。

では、実際にどのくらいの人々に広告できる可能性があると思われますか?

Google 検索の日本における月間利用者数 *

5,900万人
出典:comScore 社 qSearch より 月間検索利用ユニークユーザー推移
(YouTube の検索利用者数を含む)

これほど多くのユーザーにアプローチできる可能性があるメディアはなかなかありません。また、現在も更に増え続けています。

  • 伸び続ける Google 利用者数
    Google 検索の日本での利用者数は現在急速に伸びており、2009年12月現在5,900万人が Google の検索を利用*していると報じられています。
  • 5,900 万人の Google 利用者に広告を配信
    アドワーズを利用すれば、5,900万人のGoogle 利用者の中で、各広告主の商品・サービスについて調べている人に絞りこんで広告を配信することが可能。ほぼすべての業種において利用できます。
  • 誰でも広告配信可能
    Google アドワーズの広告掲載ポリシーさえ満たせば、誰でも簡単に広告を掲載することができます。

 

いかがでしょうか?もしAdWords広告をお考えでしたら是非お問い合わせください。


Contact

6-17-35-1-103, Joto, Oyama-shi, Tochigi, 323-0807, Japan

Name
Email
Message

ありがとうございます メッセージは送信されました。
Error! 申し訳ございません送信に失敗しました。再度お試しください。
© Copyright HAL23WORKS