Our Blog

AdWordsの広告費を抑えて効果を高める方法2


その1に引き続き

AdWordsの広告費を抑えて効果を高める方法2

です。

その1では「品質スコア」を広告内容改善によって上げる話をしました。

ここからは広告のリンク先ページを管理するスキルが必要になってきますので、web担当者や管理会社に頼んだほうがいいかと思います。

リンク先ページの品質を改善する

AdWordsでは広告のリンク先ページがユーザーにとってどの程度有用かを評価しています。

リンク先ページの有用度を高めるには、コンテンツの関連性と独創性、情報の透明性、操作性が重要になります。
それぞれの項目を以下の質問に照らし合わせてみましょう。

関連性と独創性の高いコンテンツ

  • サイトの目的は明確ですか?
  • ユーザーにとって実際に役立つサイトになっていますか?
  • 他のサイトにはないメリットは何ですか?

情報の透明性

  • ビジネス情報や連絡先は見つけやすい位置に表示されていますか?
  • どのような情報を収集しているか、ユーザーに明確に伝えていますか?
  • サイトでなんらかの操作を行うとどのような結果になるか、ユーザーにとってわかりやすい状態になっていますか?

操作性

  • ユーザーが必要な情報をすぐに見つけられるようになっていますか?
  • リンクが多すぎるなど、ユーザーを混乱させるような構成になっていませんか?
  • ユーザーの疑問点への回答や詳細情報への案内はわかりやすく示されていますか?

上記各質問に答える形で改善していきましょう。

リンク先ページの利便性の評価

品質スコアとは異なり、リンク先ページの利便性は数値では評価されず、「平均より上」、「平均的」、「平均より下」のいずれかのステータスで表示されます。

このステータスを確認するには、[キーワード] タブで、目的のキーワードの横にあるバルーンにカーソルを合わせます。

  • 平均より上平均的: これらのステータスが表示される場合、リンク先ページの利便性に問題はなく、品質スコアに悪影響を及ぼすことはありません。
  • 平均より下: このステータスが表示される場合は、リンク先ページの利便性を改善する必要があり、品質スコアに悪影響が出ている可能性があります。この場合は、ユーザーの求める情報が簡単に見つかるよう工夫するなど、ウェブサイトのリンク先ページを改善することをおすすめします。

AdWords システムはリンク先ページに定期的にアクセスして評価しています。リンク先ページの利便性を改善する大幅な変更を行えば、やがて品質スコアも向上します。最初の数日間で変化が見られなくても、数か月後に結果が表れることもあります。

それでは、上記の改善を行なってより良いコンテンツ作成を行なってください。